種痘記念日

5月14日 種痘記念日

1796年のこの日、イギリスの外科医ジェンナーが初めて種痘の接種に成功したことに由来。
種痘とは天然痘の予防接種の事。種痘の登場以前は、天然痘は、 有史以来世界中で不治、悪魔の病気と恐れられてきた代表的な感染症でしたが、 以前より一度天然痘にかかった人は、二度とこの病気にならないことが知られていました。 また、ジェンナーは牛痘という牛の天然痘にかかると天然痘にはかからないことを聞いていました。
そこで、牛痘にかかった乳絞りの女性サラ・ネルムズの手の水疱からとった膿を、 近所に住んでいた8歳の男児フィップスの腕に接種したところ、少年は牛痘を発症しましたがすぐに治癒し、 その後天然痘を接種しても感染しなかったそうです。
この実験は、学会には認められませんでしたが、 ジェンナーは貧しい人たちに無料で種痘の接種を行い、次第に認められるようになったそうです。
天然痘による死亡者は劇的に減少し、1980年に世界保健機構(WHO)によって根絶が確認されたそうです。



【主なできごと】
1874年-ハーバード大学で、世界で初めてアメリカンフットボールの試合が行われる
1900年-第2回夏季オリンピック、パリ大会開催。10月28日まで
1932年-チャールズ・チャップリンが初の来日
1991年-大相撲の名横綱、千代の富士関が引退を表明


【本日のお誕生日】
1982年-吉野紗香(タレント)
1972年-日村勇紀(お笑い芸人・バナナマン)
1971年-ソフィア・コッポラ(映画監督・女優)
1969年-ケイト・ブランシェット(女優)
1964年-エド・はるみ(お笑い芸人)
1961年-ティム・ロス(俳優)
1957年-古尾谷雅人(俳優)




 


盲導犬

チャレンジ25