盲導犬育成の支援

 

社会貢献活動への参加

 

新潟県はH16年『中越地震』と平成19年『中越沖地震』と大きな地震が2度ありました。私たちの施設は幸い大きな被害はなかったのですが、その際に皆様方から暖かい励ましのお言葉をいただき心強く感じ、感謝の気持ちでいっぱいでした。このような経験を経て、何か恩返しがしたいと思い盲導犬の現状を拝見し、お手伝いできることはないかと考え、財団法人日本盲導犬協会のラブラドール募金箱の設定を通じて、盲導犬の育成を支援する事にしました。

【募金箱設置場所】
◇上越国際スキー場 3ヶ所
本ゲレンデ入口『アネックス』・美奈日帰りセンター・大沢『チロル』
◇ホテルグリーンプラザ上越 2ヶ所
本館エントランス・コネクション館エントランス

DSC06595_11.jpg

盲導犬をとりまく状況
現在盲導犬は、誕生から引退後の生活まで、寄付・募金やたくさんのボランティアの方々に支えられています。現在では約1,000頭の盲導犬が日本全国で活躍するようになりました。しかし、盲導犬を希望する目の不自由な人の数は約7,800人とまだまだ足りないのが現状です。
(財団法人 日本盲導犬協会より)

募金箱の設置
盲導犬育成には公的な助成は少なく、日本盲導犬協会の毎年の収入の9割以上は、皆様方の温かいご支援で成り立っているそうです。
募金で集まったお金は盲導犬育成のための大切な財源となります。

(財)日本盲導犬協会のHPはこちら

盲導犬