プールの後はプレイパークで遊ぼう!

上越国際プレイランドのお楽しみは、プールだけではありません!

プレイランド上部にある「プレイパーク」にも楽しいアトラクションが勢ぞろい♪
小さなお子さまもお楽しみ頂ける乗り物が揃っていますので、お孫さんを連れて一緒に楽しむにもピッタリです。

今年、新しく仲間入りした「ポーくんのふあふあバルーン」はこども達に一番人気!
ふわふわピョンピョンが楽しいっ!!ポーくんのおおきなおおきなお腹でたっぷり遊んでね。
100806_1.png
お次は、「ミニSL弁慶号」です。プレイパーク内をぐるりと一周ゆっくりと走ります。
踏切で汽車が通るのを待っているお友達に手を振ってあげよう♪
100806_2.png
夏にピッタリの「レーザーシャワー」は空飛ぶブランコで空中散歩を楽しめます。
高いところから遠くの景色が見渡せて、気分爽快!
100806_3.png
遊園地の定番!「メリーゴーランド」。かわいい音楽に合わせて、お馬さんや馬車に乗って楽しもう♪
100806_4.png
そして「ゴーカート」は、特に男の子に大人気!本格的なエンジン音を聞きながら曲がりくねったS字をアクセル全開で爽快に駆け抜けよう!
100806_5.png
これらのアトラクションは、すべて「フリーパス券」でご利用頂けます。
フリーパス券があれば、何度乗ってもOK!(※ゴーカートは1周のみ)
水着のまま利用できるので、プールと乗り物を制覇して、上越国際プレイランドを遊び尽くそう!



8月6日 広島平和記念日

1945年8月6日午前8時15分に、米軍のB-29爆撃機「エノラ・ゲイ」により、原子爆弾「リトルボーイ」が広島に投下された。 これにより、一瞬のうちに約14万人の死者を出し市街は壊滅。 その後、原爆症等で亡くなった人を含めると、犠牲者は 25万人以上に登る。この歴史的悲劇から目をそむけない為に、犠牲者の霊を慰め、世界平和を祈る為に、この日広島市 では原爆慰霊祭で世界平和を祈念するアピールが宣言され、燈籠流しが行われる。

一説によると原爆で命を落とす事は無かった人達も、3人に1人が自分だけが助かった事や他者を助けられなかった事に 対する自責の念に苦しめられているそうです。このような罪悪感を「サバイバーズ・ギルト」と言い、PTSD(心的外傷後ストレス 障害)の原因にもなり得るんだとか。

当時の記憶を現在に伝える為、今でも多くの戦争経験者の方が語り部となり辛い過去を語ってくれています。その思いを 無駄にしないように、私達も生きたいですね。。。


1979年 奥菜恵(女優)、 1975年 さかなクン(サカナ専門タレント・イラストレーター)、 1971年 ほっしゃん。(お笑い芸人) 、 1966年 古田敦也(野球)、 1958年 辰巳琢郎(俳優)、 1952年 織田無道(住職・タレント)、 1947年 三遊亭好楽(落語家)、 1946年 堺正章(タレント)、 1946年 市川團十郎(12代目・歌舞伎俳優)、 1945年 一谷伸江(タレント)、 1928年 アンディー・ウォーホル(画家)、 1927年 喜味こいし(漫才師) の方々が本日お誕生日です。


 


盲導犬

チーム・マイナス6%に参加しています。