恐竜の日

spring_main_title_piggy_002.png

 

春暖の候、お得な宿泊プランはこちら

 

4月17日

恐竜の日
1923年のこの日、アメリカの動物学者ロイ・チャプマン・アンドルーズがゴビ砂漠へ向けて北京を出発したことに因む。 その後5年間に及ぶ旅行中に、恐竜の卵の化石を世界で初めて発見し、その後の本格的な恐竜研究の始まりになった。

いつの時代でも小学生男子達の人気者、恐竜。例えばティラノサウルスのように、ゴジラのような凶暴で巨大な肉食獣や、 やたら首の長い何とかサウルス、頭に角の生えた○○ドンなどをイメージしがちですが、最も小さい恐竜ですと鶏程度の 大きさの種類もいたようで、その類稀なる進化の多様性も特色のひとつなんだそうです。如何せん絶滅しているので、その 生態の全てが今となっては化石等の断片的な証拠を根拠とした想像でしかない点も、太古のロマンを感じさせるのでしょうね。

ちなみに○○サウルスの「サウルス」とは、「トカゲ」を意味するギリシャ語の「sauros」(サウロス)を、学名で使われるラテン 語式で読んだ発音が由来なんだそうで、○○ドンの「ドン」はギリシャ語で「歯」という意味の単語からきているんだそうで、 「ティラノサウルス」とは「暴君トカゲ」という意味で、「イグアノドン」は「イグアナの歯」という意味らしいです。

他にも面白いところですと、恐竜と同時代の三葉虫には「AVALANCHURUS LENNONI、A.STARRI、A.SIMONI、A.GARFUNKELI」 という学名のものがいるらしいです。何と読むのか見当も付きませんが、とりあえず名付けた方は熱烈なビートルズファンであり サイモン&ガーファンクルファンであった事は間違いないようです。。。

≪本日2008年4月17日は…≫ NHK環境・リサイクルキャンペーンソングに起用されたシングル「ポリリズム」で、昨年最も ブレイクしたアーティストの一つと言われたPerfumeがYahoo!ライブトークを行うそうです。無機質なビート感が特徴のテクノ ミュージックが今の時代では新鮮…といったところでしょうか。未だにテクノと言えばYMOが真っ先に出てくる私です。。。


1982年 イ・ジュンギ(俳優) 1977年 玉城千春(ミュージシャン) 1974年 ヴィクトリア・ベッカム(ベッカムの奥様) 1973年 小林賢太郎(俳優・劇作家・ラーメンズ) 1967年 ゴルゴ松本(タレント) 1965年 黒田慶樹(紀宮清子内親王の夫) 1954年 高見沢俊彦(ミュージシャン) 1951年 オリビア・ハッセー(女優) 1948年 ヤン・ハマー(ミュージシャン) 1942年 大泉逸郎(歌手) 1935年 畑正憲(小説家・生物学者) 1918年 ウィリアム・ホールデン(俳優) の方々が本日お誕生日です。

 

piggy_need_a_name.png