世界環境デー

wedding_drivemenuts_summer_ver.png

 

向夏の候、お得な宿泊プランはこちら

 

6月5日

世界環境デー
1972年(昭和47年)の今日、国連人間環境会議が人類のために人間環境の保全と改善を目標とする「人間環境宣言」を採択したことを記念して設けられた日。11日までの1週間は「環境週間」として、各地で環境問題をテーマとした催しが開かれる。

6月に入ってから、再びガソリンの値段が上がりましたよね。原油価格の高騰が続けば、ガソリン1リットルが220円に、1世帯あたりの家計負担は年間7万5000円増加、なんていう見解も出てきています。そもそも原油価格高騰の原因は、今回の場合「中東諸国の政情不安」や「アメリカのサブプライムローン問題」、そして「中国やインドの急激な経済発展による需要増加」等に原因が有るらしいです。確かに、良いか悪いかは別にして文明の利器に囲まれて暮らす事を「生活レベルの上昇」と考えたり、自然に囲まれて暮らす事を「生活レベルの停滞」と考えれば、原油価格の高騰は避けられないお話のようにも思えます。

原油のみならず、物価の高騰も続いています。小麦の価格が上がるのは、輸入先の国の小麦畑がとうもろこし畑等に変わったからなんだそうです。何故とうもろこし畑になったかというと、とうもろこし等のカスから作られるバイオエタノールが、石油の代わりとなるエネルギーとして注目されているから、らしいです。また、異常気象による小麦生産量の大幅な減少や、ここでも中国やインドの急激な経済発展による需要増加にも原因が有ると言われているそうです。

「原油を含む資源の大量消費」、「国の経済的な発展」、「地球の温暖化」、「資源の価格高騰」、「環境問題」… こういったものすべてが絡み合って、今の地球が抱えている問題が生まれている訳です。今日は世界環境デー、「大変だ!何とかしなくては!」と思う心も素晴らしいとは思いますが、全員が頭の片隅に「そう言えば…」と残るような環境に対する意識、そして環境活動が出来れば素敵だなぁと思います。

≪本日2008年6月5日は…≫ 『1,000,000人のキャンドルナイト@OSAKA 西梅田ナイト』開催。夏至と冬至の夜に2時間、電気を消して蝋燭の灯りで思い思いのひとときを過ごす、というコンセプトが発端のこのイベント、12日には同じく大阪の茶屋町方面でも行われるようです。小さな事からコツコツと、凝り固まった使命感や強迫観念の無いエコ活動って凄く素敵ですよね☆


1993年 ダンスインザダーク(元競走馬・種牡馬) 1986年 長谷川潤(モデル) 1979年 高樹千佳子(フリーアナウンサー)  1977年 大河内奈々子(女優) 1975年 波田陽区(お笑いタレント) 1960年 東ちづる(女優) 1954年 檀ふみ(女優) 1952年 柳本晶一(元バレーボール選手・日本女子代表監督) 1949年 ガッツ石松(タレント) 1912年 大友柳太朗(俳優) 1896年 ハワード・ホークス(映画監督) 1883年 ジョン・メイナード・ケインズ(経済学者) 1723年 アダム・スミス(経済学者) 1251年 北条時宗(鎌倉幕府8代執権) の方々が本日お誕生日です。

 

summer_main_title_wp_open.png