無添加の日

optional_tour_summer_ver.png

 

向夏の候、お得な宿泊プランはこちら

 

6月10日

無添加の日
無添加化粧品のパイオニアとして知られる株式会社ファンケルが制定した日。無添加の良さや大切さを より多くの人に知ってもらう事がその目的。日付は6と10で「無添(むてん)加」の語呂合わせから。

「無添加の日」は今年から制定された生まれたての記念日らしいのですが、戦後の技術力や経済力の向上に よって各国で生み出された化学合成物質の安全性に疑問を持ち、警鐘を鳴らすという世の中の流れを顕著に 表した例と言えるのではないでしょうか。無添加化粧品、無添加食品、無添加石鹸。。。安全に気を使う事は 良い事ですし、今後もこの風潮は変わらないと思いますが、安全性を疑問視される製品を作り出したのも私達 人間である事を考えると、どこか皮肉めいた感じを思わず覚えてしまいますよね。

また、「健康に良いものを」という思いが強すぎると、「フードファディズム」と呼ばれる思想主義に流れてしまう 可能性があるそうです。フードファディズムとは「食べものや栄養が健康と病気に与える影響を過大に信じること」、 「科学が立証した事実に関係なく何らかの食べものや栄養が与える影響を過大評価すること」だそうで、例えば 「化学調味料は身体に悪い」とか、「オリーブオイルは健康に良い」といった事を本当のところ以上に信じ込んで しまう、といった事らしいです。

人間身体が資本と言いますし、健康は確かにとっても大事です。だからと言って世間に溢れ返っている情報を すべて鵜呑みにするのではなく、本当に良いものだけを的確に選ぶ事が大事なんですね。。。

≪本日2008年6月10日は…≫ サントリーから炭酸飲料「ペプシ」シリーズの新製品「ペプシブルーハワイ」が期間限定販売されます。 華やかな香りとすっきりした後味の、パイナップルとレモン風味のコーラ飲料に仕上がっているらしい今回の新商品ですが、昨年の 今時期に発売された「ペプシアイスキューカンバー」同様に話題になるのでしょうか?ちょっと飲んでみたいですね。


1986年 本橋麻里(カーリング選手) 1977年 松たか子(女優) 1959年 寺沢大介(漫画家) 1958年 新沢基栄(漫画家) 1948年 喜納昌吉(音楽家) 1947年 ひし美ゆり子(女優) 1943年 米長邦雄(元将棋棋士・日本将棋連盟会長) 1935年 ジェームス三木(脚本家) 1931年 ジョアン・ジルベルト(ミュージシャン) 1922年 ジュディ・ガーランド(女優) 1918年 鶴見和子(社会学者) 1819年 ギュスターヴ・クールベ(画家) の方々が本日お誕生日です。

 

summer_main_title_wp_open.png
wedding_drivemenuts_summer_ver.png