ペリー上陸記念日

summer_main_title_wp_open02.png
wakodo_present.png

 

盛夏の候、お得な宿泊プランはこちら

 

7月14日

ペリー上陸記念日
1853年、マシュー・ペリー提督率いるアメリカ合衆国海軍東インド艦隊が日本の江戸湾浦賀に来航。 米大統領国書が江戸幕府に渡され、日米和親条約締結に至った。巡洋艦四隻で編成された艦隊は、 それまで訪れていたロシア海軍やイギリス海軍の帆船とは違い帆以外に外輪と蒸気機関でも航行し、 煙突からはもうもうと煙を上げる黒塗りの船体の外輪船は、その様子から「黒船」と呼ばれた。

この黒船来航を一因として、日本は従来の幕藩体制に対する批判や見直し、又幕藩体制に代わる新しい 国家体制の模索、天皇や将軍の位置付け、「尊皇攘夷」と呼ばれる思想などが日本を揺らす事になり、 「幕末」と呼ばれる明治維新までの激動の流れが巻き起こる事になったんだそうです。短期間の内に 西欧列強に比肩する国家を築き上げた事は諸外国からは奇跡と見られる事も多く、特にアジア諸国に とって近代革命の模範となったんだとか。

戦国時代より連綿と続いてきた日本の幕藩体制が、歴史の尺度でいうと正に一瞬で変化した訳ですから、 この時代に生きた人々や改革の中心となって動いた人々の人生を思うと驚嘆してしまいますね。一説によれば 明治維新成功の背景として、その前段階である江戸時代に於ける日本人の労働生産性・教育水準・遵法意識 の高さや、近世において既に近代的科学(合理)精神を受け入れる素地・教養が準備されていた事なども要因と 考えられているそうです。

今も目まぐるしく動き続け、海外からの影響を受け続ける日本の社会、良い事は吸収しつつも、上記にもあるような 勤勉性や遵法意識といった日本人の心意気のような部分は忘れずにいたいものですね。

≪本日2008年7月14日は…≫ 「サマージャンボ宝くじ」全国一斉発売。1等と前後賞を合わせて3億円が当たる 超大型賞金が魅力の宝くじ。1等の当せん本数は40本、前後賞が80本、続く2等も1億円と豪華で、当せん本数は80本。 1等と2等を合わせると、120人の億万長者が誕生する事になるんだとか。120人…多いと取るか少ないと取るか。貴方はどっち?


1969年 桜庭和志(総合格闘家) 1968年 佐藤弘道(元体操のお兄さん) 1964年 椎名桔平(俳優) 1961年 斉藤慶子(女優) 1953年 岡田克也(衆議院議員) 1952年 水谷豊(俳優) 1944年 久米宏(元TBSアナウンサー) 1941年 スペンサー・デイヴィス(ミュージシャン) 1937年 森喜朗(第85・86代内閣総理大臣) 1918年 イングマール・ベルイマン(映画監督・脚本家) 1913年 ジェラルド・R・フォード(大統領選挙を経ずに大統領になった唯一の、また大統領選に一度も勝った事が無い米国大統領) の方々が本日お誕生日です。

 

optional_tour_summer_ver.png
kabuto_kuwagata_exhibition.png